pyenvとAnacondaでPython環境を整える[Mac]

pyenvとAnacondaでPython環境を整える[Mac]

こんにちは。マスジュンです。

今回はPythonで分析する環境をMacで設定していきます。そのために、「pyenv」と「anaconda]というソフトウェアをインストールします。

pyenvのインストール

pyenvとは

pyenvとはPCで利用するPythonの環境を切り替えるソフトウェアです。pythonは2系と3系というバージョンが混在しており、2系で作ったものは3系ではそのまま動かなかったりします。そのため、どちらにも対応できるようにpyenvを設定しておきます。

pyenvのインスール

Homebrewを利用して、pyenvをインストールします。ターミナルで以下のコマンドを実行します。

$ brew install pyenv

環境変数の追加

以下のコマンドを実行して、.bash_profileに環境変数を追加しておきます。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

Anacondaのインストール

pyenvのインストールが完了したら、次はAnacondaをインスールします。Anacondaとはpythonで便利な機能を1つにまとめたもので、それをインスールすることで色々な機能を初めから使うことができるようになります。

Anacondaのバージョンを確認

pyenvでインストールできるバージョンを確認します。

$ pyenv install -l

この記事を書いている時点での3系の最新は「anaconda3-5.0.1」なので、これをインストールします。

$ pyenv install anaconda3-5.0.1

ちなみにインストールには結構時間がかかりますので、気長にお待ち下さい。

Pythonの環境を変える

pyenvを使って、現在インスールされているpythonの環境を調べます。

$ pyenv versions

環境を切り替えたいときは、以下のコマンドで切り替えます。

$ pyenv global anaconda3-5.0.1

最後に

pyenvを使ってanacondaのインスール方法を紹介しました。anacondaは色々な機能が入っているので「必要最低限で良いんだよな〜。あとは自分で適宜入れるから」って人は、コアな機能に絞ったminicondaのインスールがオススメです。また、もしかしたら、流行りのdockerで環境構築した方がスマートかもしれませんが、あまり知らないので勉強してからご紹介しようと思います。

Settingカテゴリの最新記事