MacBook Pro 2018 15インチを買おうとしていたが、13インチに心替えした理由

MacBook Pro 2018 15インチを買おうとしていたが、13インチに心替えした理由

MacBookPro 13インチ(2018)を購入しました。 長年Macを使ってきましたが、Proを冠した機種は初めてです。 貧乏性なのです。。。。

買い換えたきっかけ

最近、会社が副業解禁になり色々な方からお仕事いただくようになり、MacBookAir 11インチでは限界を感じてました。 11インチは画面が小さく、絶妙な塩梅でsafariとexcelを同じ画面に映し出すのに疲れてました。副業の方から若干の臨時収入を得れているので、先行投資としてメインとモバイルを両方集約したいと考えてました。そしたら、不意打ちのMacBook Pro2018の発表(笑)。乗るしかない、このビッグウェーブって感じでした(笑)。

当初は15インチの購入を予定

最初は、次のような理由で15インチを想定してました。

  • 画面が広くて作業効率が良い!
  • 15インチだけが積めるメモリ32G!どうせ高い買い物するならば!
  • 多少重いけど、バックパックがあれば大丈夫!
  • 独立GPUでDeep learning!
  • CPUは6コア!

もう夢は膨らむばかりでしたのね。金額なんかに気にせず。。。

最終的に13インチに心替えした理由

当初は15インチにしようとしてた自分ですが、40万円弱の金額を見て冷静になりました。そして、次のような理由で13インチに心替えしました。

画面サイズで作業効率はそんなに変わらない。

店頭で確認したとこ、自分個人の13インチでも十分作業が可能だと思いました。 11インチが小さすぎたんでしょうね。。。 最悪、部屋が広くなったときに外部ディスプレイを置けば済む話ですし。

メモリ32Gも必要なのか?

特に動画編集や作曲をするわけではないので32Gも必要ないかなと。 大きなデータを分析する際にメモリはあればあるほど好ましいですが、 そんなデータの分析依頼がきたら、費用上乗せでAWSを利用したほうが賢いですから。

軽いに越したことない

仕事終わりに副業先の会社に赴いてミーティングを行うことが多いので、 軽いに越したことないですね。

eGPUを付ければ良いんじゃね?

MacでDeep learning(plaidml)の学習用とあわよくば実装と考えてましたが、 外付けGPUにしたほうがコスパが良いし、将来的にNVIDIAのGPUも対応するかもと淡い期待。 ※現時点でも、Macに対してNVIDIAのGPUを認識させてる方もいるようです。

Apple Careが1万円違う

持ち運びが多く、高価なものですからAppleCare+には入ろうと思ってました。 15インチの方は35,800円で、13インチは25,800円とその差1万円。しかも、税別。 金額は同じぐらいなのに。。。

感想

当初は15インチでしたが、金額と必要な要件を冷静に見つめ直すと13インチになってました。個人的には良い選択をしたと思ってます。 早く届かないかなぁ〜。

最後に今回購入した構成

Lifelogカテゴリの最新記事