MacBook Pro 13インチ(2018)を快適に使うために一緒に買ったもの

MacBook Pro 13インチ(2018)を快適に使うために一緒に買ったもの

注文していたMacBook Proが届きました!

せっかくの高い買い物なので、できるだけキレイかつ快適に使っていきたいと思い、付属品も揃えましたのでご紹介します。

画面フィルム

まずは画面を守るフィルム。以前、MacBook Proの反射コーティングが剥がれる問題が記憶に残ってるので。詳しい内容は、ググってもらうとすぐに確認できると思います。

画面フィルムは、基本的にコードを書いているのでアンチグレアを選びました。価格が高くて高性能のものより、汚れたり傷がついたら気軽に交換できる価格帯をチョイス。リーズナブルですが、貼ったあとに気泡が入ってしまっても貼ったまま取り除けるので助かりました。案の定、貼るときに気泡が入ったので。。。

ハブ

MacBook Pro(2018)の最大の弱点は【USB-C】しか対応していない端子だと思ってます。従来のUSB-Aが使えないので、iPhoneすら充電できない。。。さらに、HDMIも繋げないので外部ディスプレイにも出力できません。

これを選んだのは、レビューを重視しました。安いものだと「HDMIが認識しなかった」などのコメントがあり、コストを求めすぎると後悔すると思ったので。利用時に結構の熱を持ちますが、これ一つでUSB-A、SDカード、HDMI、Thunderbolt3、USB-Cに対応してます。さらに、専用のケースが付いてくるのもポイントでした。Macに接続するUSB-Cの部分が出っ張っているので、そのままバッグなどに入れると引っかかったりして壊れちゃいそうなので。あと、ちゃんとThunderbolt3であるのも大事。USB-Cと同じ形状なので一見わかりませんが、転送速度が異なってきます。買おうとしているものがThunderbolt3であるかを確認しましょう。

フリップスタンド

今回購入した中では、一番の当たりでした!当初は保護と放熱、さらにデザインを考えて【メッシュカバー】の購入を考えてました。

ただ、カバーを付けると重量が300g程度増えてしまいます。13インチのメリットである携帯性が減ってしまう。。。PC保護はAppleCare+で対応できるとして、問題は放熱でした。データ分析でCPUもしくはGPUをかなり使うと考えているので。。。そこで候補として上がったのが、底面に付けて放熱を促すフリップスタンドでした。

フリップを上げると底に隙間ができるので、放熱性が向上します。さらにキーボードに傾斜がつくので、キーがとても打ちやすくなります。とても感動しました。もっと早くに知っていれば。。。フリップを閉じてる形で使っても不安定になったりせず、とても安定してます。これはかなり満足してます!

まとめ

今回は買った3つはかなり満足の買い物でした。これでMacBook Proでの作業環境はかなり整った気がします。自分のバックパックはPCを入れるパッドがあるので問題ないですが、トートバックなどで持ち運ぶ人は、表面に傷が付きやすいので「スキンシート」や「ブリーフケース」なども揃えたほうが良いと思います。快適なMacBook lifeを!

Lifelogカテゴリの最新記事